カテゴリー「旅行・地域」の3件の記事

2016年1月21日 (木)

「つばさ」

複製画の「つばさ」2点が完成しました。

と言っても原画とともに手直しが入り、こんな感じに」なりました。
 
Dsc01894
 
フレーム中央に大粒のアクリルストーンを追加です。
 
そしてふたつの区別を「サファイア」と「ルビー」にしました。
 
ring
 
crown
 
大相撲も後半ですが琴奨菊が全勝していてすごいsign01
 
昨日、白鳳に勝った時なんて感動して泣いてしまいました~happy02
 
このまま勝ち進んで是非優勝してもらいたいです。
 
tv
 
 

2015年8月16日 (日)

旅行2

大塚国際美術館のレストランで昼食(味はごく普通)をとって一休みした後、うずしおを見る

ため淡路島方面へ向かいました。

美術館で大幅に時間をとられてしまったので、乗りたかった船の時間がギリギリにship

港に到着後、駐車場がいっぱいで少し離れた所しか空いていなく走った走ったsweat01

何とか船に乗ることはできましたがうずしおが見れる時間からは多少ずれていてあまり

発生しませんでした。

Dsc01534

↑こんな船に乗りました。

Dsc01552

海面の段差はよく分かり波打っていて迫力がありました。

Dsc01546

風は心地よく日陰にいれば快適でした。

この後、夕日を浴びながらこの日泊まるホテルへと向かいましたが徳島駅近くなのに

大渋滞。一方通行の道で駐車場が分からなくて大変でしたwobbly

夕飯は外で。たまたま入ったお店で「ハモの湯引き」「鯛のカルパッチョ」「いかの刺身」

「塩かつおのたたき」「明太うどんカルボナーラ」今まで食べたことのない美味しさでしたhappy01

中でも鯛はプリプリしていて脂っぽくなくいくらでも食べれそうでした!また食べたい!

fish

この時期は阿波踊りの直前ということもあり練習風景が見れましたよ。

Dsc01571

テレビでも踊りの基本をやっていたので私も女踊りをホテルで練習してみました。

この日は大浴場のあるビジネスホテルで一泊。

hotel

翌日はうずしおのリベンジということで急きょ早起きして渦の道(橋)に行くことになりました。

朝食をとったレストランに飾ってあったガラス玉。キレイ。
朝からバイキング式のご飯2人でモリモリ食べましたriceball

鳴門公園に到着。

前日よりはうずしお見れました~typhoon

Dsc01574

「この上に乗ると面白いよ」と彼が何度も言ってきましたが、よう乗らんわsweat01

1

3

↑海面に穴があいた!

2

「小うずしお」レベルですがいくつもできていました。

出来るポイントはある程度決まっているので同じ場所でずっと待っていると良いです。

大きいものが見れるのは春と秋の大潮だそうですが、この日で十分満足できましたtyphoon

白波が立っているのを見ているだけで面白くて不思議でした。

car

この後少し時間があったのでお遍路さんの一番札所である霊山寺に立ち寄り、お参りして

岡山空港へ向かいました。

瀬戸大橋を渡りおしまいです。

Dsc01656
さつまいもの天ぷら美味しかったな~(鳴門金時)

旅行中は本当にたくさん食べましたfish

二泊三日の旅行ともなるとずいぶん色々と見ることができましたwink

体力もようやく回復したので明日からまた仕事も頑張れそうです。

楽しい旅行をありがとうshine

airplane

airplane

旅行1

今日で夏休みも終わりです。

二泊三日の岡山、徳島旅行からも無事に帰って来ました~airplane

やっと昨日あたり現実の世界に戻って来れたような気分です。

そのためブログも遅くなってしまいましたsweat02

旅行から帰った後3日間は完全にダウンしてしまいご飯もあまり食べられない程心身共に

疲れきって寝ていました・・・。(猛暑の中ちょっとハードスケジュールだったかも)

1日目は岡山空港からスタートして車でカブトガニ博物館へ。

生カブトガニをたくさん見ることができました~。

カブトガニア赤ちゃん3年くらいかな。

Dsc01392
一匹は元気に泳いでいて水面付近に上がってくるとひっくり返って逆向きに泳ぐのです。

Dsc01397

↓大人のカブトガニ。10才くらいでしょうか。
2匹がくっついているのはツガイでほぼ一生相手を変えないそうです。(前がメス)

Dsc01402_2

ふれあいコーナーの天窓がかわいかったので。
ちなみにカブトガニとのふれあいはなく、カニやヤドカリ、ヒトデなど。

Dsc01412

ゆるきゃらのカブミちゃんとカブニくん。中身入ってないよ。

Dsc01413

博物館は割とあっという間に見終わってしまい、ちょっと遠い宿を目指すことに。
広島経由でひたすら瀬戸内海の島々を見ながら高速道路を移動です。

Dsc01414

宿は徳島県、大歩危峡(おおぼけきょう)の渓谷にある温泉旅館です。

ご飯がとても美味しかったです。地のものが中心の鍋のコースで鮎の塩焼きも絶品でした。(朝食には鮎の一夜干しも出て)

↓部屋からの眺め。

Dsc01431
食べ過ぎと疲れで早めの就寝。

spa

2日目は急きょ朝早くから近くにある川下りに参加することになりました。

Dsc01439

乗り場の辺りは鮎がたくさん泳いでいました。(エサをまいているとかで)

Dsc01485

独特の岩の形状です。水もきれい。
舟は30分のコースで揺れることもなく安定していました。でも日が差すとすごく暑くて
ジリジリでした。

Dsc01475

カワウが羽根を乾かしていました。大サービスのジュディオング。

さて川下りを終えてから再び車で次は鳴門の「大塚国際美術館」を目指して出発car

11時頃に到着。駐車場が分からなくて戸惑いましたが、美術館から離れた所にあり

バスで送迎してくれるというシステムです。(入口は地下5階で地下3階からスタート)

この美術館は山を一つくり貫いて作られたもので、展示作品はすべてレプリカで陶板

に原画の写真を焼き付けて再現した原寸大のものなんです。実物に近づけるため細かい

色の調整や凹凸などは人の手が加えられています。

1000点以上あり全部をちゃんと見ようとするとヘトヘトになり写真を撮ることも忘れます。

Dsc01504

Dsc01492
入ってすぐシスティーナ礼拝堂の復元。大きすぎてクラクラ。

Dsc01499

↑企画ものでコスプレコーナーがあり私もドレス着てきました。

Dsc01515

ダビンチの「岩窟の聖母」

Dsc01516
「最後の晩餐」

Dsc01517

何かの絵の中の一部の、犬。

Dsc01507_2

Dsc01508

モネの大睡蓮の池。中央には円形状に睡蓮の絵があったのですが直射日光に当たって

見にくいし暑かったのでスルー。

他にも好きな絵がたくさんあったのですが点数の多さに疲れてしまい写真を撮る気力もな

くなります。でも撮ってくれば良かったと後悔。

入場料も高いですが行って良かった美術館です。

つづく・・・。